Q&A

よくある問い合わせQ&A 逆

ジャパンファクター バナー画像

Q.融資を断られたのですが、ファクタリングするときも審査があるんですよね?

A.ファクタリングを契約するにあたり、債権者・債務者に関しての審査・調査があります。
しかし、銀行・その他の金融機関の融資の審査とは方法・事項が異なるため、融資を断られている状況下の企業でも問題ありません。  

Q. 利子が発生するのですか?

A.利子は発生しません。
ファクタリングでの資金調達は借入れではなく債権の買取による売掛金の早期資金化になるので、利子の心配はありません。ファクタリング会社にはファクタリング手数料を支払うことになります。

Q. 取引先に知られずに売掛債権の現金化もできますか?        

A.2者社間ファクタリングでは、債権者とファクタリング会社のみでの取引が行われるため取引先に知られることはありません。このとき、債権譲渡の通知・承諾も必要ありません。(例外もあります。)     

Q.審査から入金までどれくらい時間がかかりますか?         

A.ファクタリング会社による独自の審査方法により、審査~資金化までが最短即日が可能です。
このスピーディさがファクタリングでの資金調達をする上で大きなメリットの1つです。     

Q.ファクタリング手数料はどれくらいですか?         

A.ファクタリング会社によって異なりますが一般的には売掛債権額の1~5%です。
債務者側に知らせない2社間ファクタリングになると契約の性質上、ファクタリング会社にとってもリスクの高い取引になることもあり、1~20%と少し範囲が広くなってしまいます。

履歴(以前にもファクタリングを利用したことがあるかどうか)が手数料に反映することもあります。
初回は信頼度が最も低いため20%と高いですが、初回の取引が何の問題もなく済んだ履歴があればその後の手数料が安くしてくれる会社もあります。 

「手数料」と言っても全額がファクタリング会社の利益になるわけではありません。この手数料の中には、登記費用・印紙代・その他事務手数料が含まれており、売掛債権金額に関係なくかかる固定費用です。   

Q&A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする