ファクタリングについて

ファクタリングとは

ファクタリングとは、簡単に言うと企業が保有する売掛債権をファクターが買い取ることによって、企業に資金を提供するサービスです。買取時に一定の手数料を支払うことになります。
ファクターの役割の中に売掛先の与信調査・管理、売掛債権回収・管理などもあり、ファクタリングの種類によって異なってきます。

ファクタリングという資金調達方法は【売掛金】があれば

・資金ショート
・赤字決算
・業績悪化
・融資を断られた
・税金滞納中
・リスケ中

のような状況下でも資金調達が可能になる方法です。

バナー 中サイズ

ファクタリングの種類

ファクタリングにおける一般的なスキームを紹介していきます。

2社間取引ファクタリング

売掛金を保有する企業とファクタリング会社の2社間で取引が行われ、取引先の合意・通知は不要のため知られることなく資金調達が可能になります。

2社間取引・図・カラフルver

一般的な流れ

①商品の納品やサービス提供が完了し、売掛金が発生する。

②債権者とファクタリング会社の契約完了後、売掛金の買取により早期売掛金の入金。
 このときファクタリング手数料が引かれた額が入金される。

③取引先(債務者)より期日通りに債権者へ売掛金が入金される。

④受け取った売掛金をファクタリング会社に支払う。

取引先に資金繰りが悪化したなどと知られたくない場合等におすすめの方法です。また取引先が倒産して債権回収が不能になった場合でも償還義務なしで返金請求されません。
ただ3社間ファクタリングに比べリスクが高いので、ファクタリング手数料が割高である傾向があります。

2社間ファクタリングの流れを動画で分かりやすく解説! ↓

2社間ファクタリン専門会社

 3社間ファクタリング

売掛金を保有する企業とファクタリング会社、取引先のの3社間で取引が行われます。取引先へ通知・承諾を得て、ファクタリング会社が代金回収も担うことがあります。

3社間取引・図・カラフルver

一般的な流れ

①商品の納品やサービス提供が完了し、売掛金が発生する。

②債権者とファクタリング会社が契約する。

③債務者に債権譲渡通知・承諾を得る。

④ファクタリング会社が売掛金の買取により早期売掛金の入金。
 このときファクタリング手数料が引かれた額が入金される。

⑤⑥ファクタリング会社と取引先(債務者)で代金回収・代金支払い。

2社間ファクタリングとの大きな違いは、債務者の承諾が必要になることです。しかし債権回収業務もファクタリング会社が担ってくれるので、早期資金化とともに回収にかかる手間や切手代や印紙代などの削減が大きなメリットです。

保証ファクタリング

ファクタリング会社が売掛債権などに対して、買取ではなく保証してくれる取引です。
早期資金化が目的ではなく、債務者である取引先の倒産などにより支払不能になった際に債権回収のリスクヘッジ(一種の保険)が目的である場合に有効的な方法です。

保証ファクタリング・図・カラフルver

一般的な流れ

①商品の納品やサービス提供が完了し、売掛金が発生する。

 ②③債権者がファクタリング会社に債権の保証依頼する。
   ファクタリング会社が取引先(債務者)の信用調査を行い、その結果により保証額が決定
   される。
   債権者がファクタリング会社に保証料(手数料)を支払う。

④ファクタリンング会社は売掛債権の保証をする。
 

ファクタリング会社による売掛先の信用調査結果によって保証限度額が決定します。
取引先の信用度が低い、倒産する可能性で出てきて債権回収に懸念がある場合などに活用でき、目的が即日資金化ではなくリスク保証である場合に向いています。
またこの方法も取引先には知られずにリスクヘッジが出来る有効的な方法と言えます。

【例えば】

1000万円の売掛金に対し、ファクターは取引先の信用調査の結果、保証限度額を750万と設定

取引先の倒産により売掛金の回収不能に

1000万円の損失だったところが、ファクタリング会社より
保証額750万円が支払われるので250万円の損失で済む

 

 

診療報酬債権ファクタリング

医療機関・介護施設・調剤薬局が保有する診療報酬債権を利用したファクタリング取引です。
病院等で治療を受けた患者は、窓口で医療費自己負担(3割)を支払います。その後当該病院は審査支払機関である社会保険診療報酬支払基金(社保)・国民健康保険団体連合会(国保)に対して、診療報酬明細(レセプト)を提出します。
そのレセプトをもとに審査を受け、社保・国保に請求する残りおよそ7割の保険診療報酬が診療報酬債権です。

2社間取引・図・カラフルver

一般的な流れ

 診療報酬(レセプト)請求

①債権者とファクタリング会社が契約する。

②国民健康保険団体連合会(国保)・社会保険診療報酬支払基金(社保)に診療報酬債権譲渡通知をする。

③ファクタリング会社が診療報酬債権分(一般的にレセプト請求額の約80%- 手数料)を前払いする。

④国保・社保がファクタリング会社に診療報酬債権の代金支払いをする。

⑤ファクタリング会社が残りの約20%を後払いする。

診療報酬債権は、ファクターにとっても「ほぼ必ず回収ができる安全性の高い債権」のため、審査も緩い傾向にあり、債務超過のようなケースでも契約可能だったりします。ただ2か月先の資金を先食いする形となるので、レセプト請求額の約20%しか資金がない月が発生することになります。

 

 

下請債権保全支援事業

下請債権保全支援事業とは、ファクタリング会社が売掛債権などに対して買取ではなく保証する取引に対して、建設業振興基金がファクタリング会社に支払う保証料の助成や、ファクタリング会社に対しても損失補償で支援してくれるものです。
ファクタリングの内容としては保証ファクタリングになります。

※現時点でのこの事業の利用期限は、平成29年3月31日まで
                              近畿版 建設業振興基金 図 スキーム 仕組みpng

一般的な流れ

①元請建設企業が下請建設企業に対し、サービス・施工・資材等を発注する。

②下請建設企業がサービス・施工・資材等を提供し、売掛債権が発生する。

③保証料 
 下請建設企業とファクタリング会社が契約し、保証金をファクタリング会社に支払う。

③保証料助成 
 建設業振興基金から保証金助成として保証金の1/2が助成される(H28.4.1以降)。

③損失補償運営費支払い 
 元請建設企業が倒産し、下請建設企業に保証金を支払うことになった場合の

 ファクタリング会社の損失補償のための運営費(保証額の1%)支払う。

④ファクタリング会社が元請建設企業倒産時に保証金を支払うという保証をする。

⑤ファクタリング会社に元請建設企業が倒産したなどの損失が発生した場合に建設業振興基金が対象債権額の75%を保証する。

この下請債権保全支援事業は中小下請建設企業等の経営・雇用安定、連鎖倒産の防止を図るためのものです。
取り扱いの出来るファクタリング会社は特定の会社のみで、建設業振興基金かそのファクタリング会社に問い合わせするようになります。

 
関東 ジャパンファクター バナー画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする