借入ブラックでも大丈夫?!

ファクタリングは借入ブラックでもできるのか?

ファクタリングは、融資や借入金ではなく、企業が保有する売掛金をファクタリング会社に完全に買取ってもらうことにより早期資金化できる、

売掛金前払い金融サービスと言えます。

中小企業の資金調達方法の1つとして注目されている理由は、『借入金ではない』という点が大きいと思います。

ファクタリングの特徴として、企業が保有する売掛金が対象となるので、保有している売掛金以上の資金調達はできないという側面があります。

期日通りに取引先企業から売掛金の入金があれば、それをファクタリング会社に支払うことにより取引は完了します。(2社間ファクタリング)

つまり、ファクタリング会社に支払うための資金繰りは不要だということです。

そのため、その後の返済が必要になってくる借入金、言い換えれば返済のためにまた資金繰りしなければならない借入金よりも、
企業にとって無理なく資金繰りが出来るファクタリングが選ばれているのです。

中小企業 資金調達 ファクタリング 売掛金 JTC 東洋 ジャパンファクター

今現在は経営が安定していても、以前抱えていた問題で銀行借り入れが出来なかったり、赤字決算、税金滞納、借入ブラックというような状況下にある中小企業の経営者さまも多いのではないでしょうか?

当サイトで紹介しているファクタリング会社でも、問い合わせ頂くほとんどの会社さまが同じような状況でいらっしゃいます。

たしかに上記のような状況であれば、銀行融資の審査に通るのは難しいかもしれないですね。

しかし、ファクタリング会社ジャパンファクターならファクタリング取引が可能になるかもしれません!

銀行融資とは異なる信用調査と開示書類により、銀行融資を断られた状況下の企業さまでも多数の取引を行っています。

ファクタリング会社による信用調査の特徴として、利用者企業よりも取引先企業の信用調査が重要視される傾向にあります。

2社間ファクタリングでは、利用者企業に売掛金の前払いをして、期日通りに取引先企業から売掛金の入金を経て利用者企業がファクタリング会社にそれを支払うことで、やっとファクタリング会社は売掛金回収不能リスクから解放され利益を得ることができます。

取引先企業が、売掛金をきちんと支払ってくれる企業でないと、ファクタリング会社にとっては利益どころかリスクでしかないのです。

そのため利用者企業が銀行融資を断られたような場合であっても、優良取引先企業の売掛金を保有しているならばファクタリング取引が可能になります。

ファクタリングでの資金調達を検討されている企業さまは
ぜひ >> 株式会社ジャパンファクター << へご相談下さい。

クレジット・診療報酬 債権 2社間ファクタリング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする