ファクタリングを導入するメリットは?

ファクタリングは企業が保有する売掛債権を活用して早期資金化ができる金融サービスです。

中小企業にとって、銀行融資とは異なる資金調達の方法として利用する経営者が増えているのはなぜなのでしょうか。
ファクタリングを導入することによって会社にとってのメリットを考えてみました。

①すぐに資金化が可能

ファクタリングでの取引で対象となるのは、利用者企業が保有する売掛金です。
売掛金とは利用者企業が取引先にすでに商品の納品やサービスの提供が完了し、請求済みである取引先企業からの未払いの代金のことです。

この売掛金の支払いサイトが、業種や債権者と債務者の取引契約内容によって異なってくることで中小企業の多くの会社が資金繰りに悩んでいるわけです。取引先が大手企業なほど、また資材や食材の確保などで先出しの支払い等が多い業種ほど、支払いサイトが長く設定されていたりするものです。

このような支払いサイトでの経営は今に始まったことではないため、経営者のみなさんはきちんと見通しを立てた上で運営されているでしょう。

しかし、急な案件が入ってきた時など、慌てて利息の高い金融機関やノンバンクを利用しての資金繰りを余儀なくされた経験などもあるのではないでしょうか。その場はなんとかなっても、次は返済のことを考えねばなりません。

ファクタリングなら売掛金の売買契約での資金調達になるので、利息や返済という概念は存在しません。早期の売掛債権の決済になるので、安心して活用できる資金です。
つなぎ資金・現金資金が充実していれば、予定を超えた追加の受注にも対応できビジネスチャンスを逃すこともなくなります。

最短即日で手に入るつなぎ資金としての側面は企業にとって大きなメリットとなるでしょう。

②銀行に頼らない経営ができる

企業の運転資金として1番の割合を占めるのは、銀行融資での資金です。

銀行融資を受けるということは、利息の返済や倒産のリスクを考えておかなければなりません。5年、10年先を見通した経営をしようとすれど、当面の資金繰りに奔走しなければならないのが常です。

リスケすることにでもなったら銀行からの信用もなくなり、より厳しい運営になります。

ファクタリングなら利息の返済というはありません。しかも取引先からの売掛金回収リスクも負担してくれます。
保有している売掛金以上の資金化はできないので、会社にとっても無理なく資金調達ができます。

銀行融資を受けたいが受けれない状況、例えば税金を滞納しているなどの状況のときにファクタリングでキャッシュフローの改善をし、税金滞納を解決すれば肝心なときに銀行融資が受けられないということもなくなります。

銀行に頼りすぎずに、いざというとき大型の銀行融資を受けられるような経営をするための資金繰りを方法としてもファクタリングは有効的と言えます。

③繰り返し利用できる

ファクタリングでは、定期的に取引のある安定した売掛金を対象にファクタリングを実行します。つまり、必要であれば翌月以降も繰り返し、同様にファクタリングでの資金調達ができます。

複数の売掛金を対象に取引することも可能です。

例えば、利用者企業A社が取引先B社80万、C社50万、D社15万の3種類の売掛金を保有しているとします。
利用者企業A社はすぐに100万の資金が必要ですが、ファクタリングで資金調達をしたいが100万以上の売掛金を保有していません。

しかし複数の売掛金を対象に取引が出来るので、B社とC社の売掛金130万を対象にファクタリングをすることで必要な100万の資金化が可能になります。

繰り返し利用可、複数の売掛金での取引可というのもファクタリングだからこその側面です。


ファクタリングでの資金調達を検討しているが、よく分からないという経営者の方もいらっしゃると思います。
全国対応ファクタリング会社:ジャパンファクターでは無料相談を行っていますので、ごひお気軽にお問合せ下さい。

>> 株式会社ジャパンファクター 公式サイト <<2社間ファクタリン専門会社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする