卸売業ファクタリング事例

ファクタリングでの資金調達【卸売業】

ファクタリングは、卸売業の会社さまが保有する売掛金を活用して早期資金化できるサービスです。

売掛金をファクタリング会社に完全に買取ってもらうことで、数カ月先にしか資金になりえなかった売掛金が最短即日で現金化が可能になります。

売掛金が発生し、取引先企業からの支払いサイトが長いことで資金繰りに苦労している卸売業の会社さまの資金調達方法の1つとして利用する経営者さまが増えています。

企業の事業資金・運転資金として、銀行融資が受けられるまでのつなぎ資金として活用する卸売業の会社さまが多くいらっしゃいます。

卸売業ファクタリング事例① 

【 買取金額 110万 / 卸売会社P社 】

今回の参議院選でもアピールされていましたが、アベノミクス効果が取り上げられているニュースをよく見ます。

私は雑貨卸売業をしています。
私がいる雑貨卸業界ももちろん恩恵は受けているのでしょうが、競合他社が多く大変流動が激しい世界です。
商品自体も流行り廃りが早く、次つぎに新しい流行が生まれます。今では韓国や北欧などの海外からも参入する企業も多くて、かなりシビアな戦いを強いられています。
WEBマーケティングでの宣伝効果をうまく活用したり、様々な新しい形の販売手法が求められてきます。

しかし、とにもかくにも新たな取り組みを行うにも資金が必要で、なかなかうまくいっていないのが現実でした。
毎月、税金や社会保険、給与などの支払いがあるので、それを優先せざる負えません。
いつか、大きな利益がでたときに・・・と思っていてもライバルから突き放されていくばかりでした。

どうにか銀行融資やビジネスローン以外で資金を調達方法を探してみようと経営陣で模索していたところに、辿り着いたのが売掛金を利用した金融サービスでした。
売掛債権流動化というんですか、債権を活用して、証券化や担保にしたりして資金化できるような動きが出てきているようでした。
自社も売掛金は安定して定期的に発生しますから、「これを利用しない手はない!」と思いましたね。

今回は売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらい、取引先からの入金よりも先に現金にしてもらうサービスを選択しました。
いつも、納品が完了したらすぐに代金が支払われれば、自社のキャッシュフローも改善されるのになと思っていたのでありがたいサービスでした。

これで新規事業や新しい販売システムの構築のための資金にできます!
海外組に負けないように、これからも踏ん張っていきたいですね。

アベさん!これからも経済効果期待しています!

匿名

 

 

 

卸売業ファクタリング事例②

【 買取金額 350万 / 卸売業E会社 】

自社は種苗を扱っており、親族経営で昨年より外国人スタッフを雇用しています。

長年の取引先から初めて、入金が1週間ほど遅れてしまうとの申告がありました。長年の付き合いの上、内容も致し方がない事由でしたので仕方がなく了承しました。
しかし、他の支払いと合わせて外国人スタッフの給与のための資金が不足してしまう事態になってしまい、急遽資金調達をすることに。

1週間後には遅れている売掛金の入金があるとはいえ、しっかり働いてくれている従業員に対して給与支払いを遅らせることには抵抗がありました。

自社には安定した取引のある他社の売掛金も保有していましたから、それを対象にファクタリングをお願いすることにしました。
手数料を引かれて、希望調達額の300万の資金化に成功しました。

2~3日で調達しようとするにも銀行融資では難しいですから、このような状況のときにはファクタリングは大変有効的ですね。
取引先からの入金の遅れはもう2度避けたいところですが、もし急を要するようなことがあればまたファクタリングを検討すると思います。

匿名

 

 

 

卸売関連会社さまにもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。

ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば

・取引先の支払いサイトが長い

・常に現金資金がぎりぎり

・税金滞納中

・赤字決算

・銀行融資を断られた

・担保、保証人がない

のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

2社間ファクタリングなら取引先に知られることなく早期現金化が出来るところも大きなメリットです。

株式会社ジャパンファクターでは、関西・近畿地方の卸売業の企業さまにも多数のお問い合せ、ご相談頂いております。

実際にご成約させて頂いた企業さまからも感謝のお言葉を頂き、引き続き卸売業の経営者さまの資金繰りのお手伝いができたらと思います。

株式会社ジャパンファクター公式サイトからご相談受け付けております。
ぜひご利用下さい。

 

▼株式会社ジャパンファクター公式サイト▼2社間ファクタリン専門会社

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする