利用者の声(奈良県奈良市)

融資を受けるまでのつなぎ資金

 

青果卸業をしており、12月に融資を受けられる予定です。

その間の現金資金調達方法としてファクタリングを選択しました。

ファクタリングって借入金ではないので、負債として計上しなくても良いですよね。銀行融資を受けようとしている会社にしたら大きなメリットであると思います。

しかもメインバンクを避けた口座に入金してもらえるので、融資を受ける銀行にもファクタリングがばれることはありません。

こちらのファクタリング会社は登記留保という形をとるらしいので、きちんと取引を完了させれば登記されず

自社に不利になるようなこともなく安心です。

匿名

 

( 奈良県 / 青果卸業 / 40代 )

 

奈良県の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば

・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない

のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

 

青果卸業でも支払いサイトが長いと顧客さまからお聞きしております。
ファクタリングを利用することで2~3カ月先に入金予定の売掛金がすぐに使用できる現金資金になります。

資金調達方法の1つとしてファクタリングを活用している会社さまは建設・工事請負関連業の会社さまが最も多いですが、卸業会社さまが次点で多いような状況です。

至急の資金調達なら銀行融資よりもファクタリングが便利です。

ぜひジャパンファクターにぜひお問い合わせ下さい。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする