滋賀県彦根市/ファクタリングサポート

今、銀行融資以外の資金調達方法の1つとして
ファクタリングが注目されています。

ファクタリングは、滋賀県彦根市の会社さまが保有する売掛金をファクタリング会社に買取ってもらうことで、最短即日での資金化が可能になるサービスです。
また、売掛先企業に通知しない2社間ファクタリングという取引を選択することで、その後の取引や信用情報に影響が出ないようにすることができます。

2社間ファクタリングは、彦根市の利用者企業とファクタリング会社が売掛金の売買契約をすることによって資金化ができる仕組みになっています。
ファクタリング会社から売掛先企業に連絡することなどは一切ないので、ファクタリング取引の中でも最も選ばれています。

▼ 2社間ファクタリングの一般的な流れ ▼

2社間取引・図・カラフルver


滋賀県彦根市の利用者企業が、「ファクタリングをしたい」とファクタリング会社に申し込むと、ファクタリング会社は審査のための開示書類等を求めてきます。

ここでポイントなのが、銀行融資の際とは異なり開示書類も少なく、ファクタリング会社独自の視点で審査が行われるということです。

銀行融資では審査落ちするような状況、例えば赤字決算、税金・社会保険料滞納、銀行ブラックなどの状況下にある企業でも、ファクタリングなら審査に通る可能性があります。

なぜなら、ファクタリング会社の審査では、彦根市の利用者企業よりも、売掛先である取引先企業の信用情報の方が重要視されやすい傾向にあるからです。

銀行融資 ブラックOK 即日 資金調達 ファクタリング

2社間ファクタリングでは、彦根市の企業さまが保有する数カ月先にしか資金になりえなかった売掛金を、ファクタリング会社が前払いしてくれます。そして、期日通りに取引先企業からの売掛金入金を受けて、それをファクタリング会社に支払うことで取引は完了します。

取引先企業が倒産などの理由で不渡りを起こし、売掛金の回収が出来なくなってしまっても、彦根市の利用者企業が前払いしてもらった売掛金を返金する義務はありません。ですから取引先企業からきちんと売掛金の入金がなければ、ファクタリング会社は利益はおろかマイナスになってしまうのです。

ですから銀行融資を断られていても、ファクタリングで即資金調達できるかもしれないのです。
売掛先企業が重要視だれやすいとは言いましたが、彦根市の利用者企業の審査が疎かにされるわけではありません。

利用者企業による売掛金の二重譲渡や、売掛金の使い込みなどのリスクもあるので、ファクタリング会社はきんと利用者企業の信用力を見極めようとします。面談必須のファクタリング会社がほとんどなのはこのためです。

ファクタリングは、利用者企業とファクタリング会社の信頼関係によって成立します。

ファクタリング会社 即日対応

彦根市の企業、経営者さまでも利用しやすいファクタリング会社が

株式会社ジャパンファクターです。

▼ 株式会社ジャパンファクター 公式サイト ▼

main_vi

株式会社ジャパンファクターでは、2社間ファクタリングを主に多数の会社と取引をしています。
関西の企業さまからも多くの問い合わせ、複数の取引実績を頂いております。

また、当サイトが株式会社ジャパンファクターをおすすめしている理由は、彦根市の個人事業主さまでも法人企業の売掛金を保有していれば、ファクタリングが利用可能だからです。
個人事業主さまからの問い合わせも多く、公式サイトでも事例が紹介されています。ぜひ参考にしてください。

赤字でも、税金滞納中でも、ブラックでも、即日資金調達が可能◎それがファクタリング!

ファクタリング 個人事業主でも大丈夫

ファクタリング 問い合わせ先


ファクタリングは、滋賀県彦根市の企業さまが保有する売掛金を活用した資金調達方法です。

借入金ではなく、すでに商品の納品やサービスの提供が完了し、取引先企業に請求済みである債権を利用して資金調達をするということ、

つまり、売掛債権の範囲内になるので無理なく資金繰りが出来ます

彦根市の利用者企業さまで取引先の支払いサイトが長いことで資金繰りに苦戦している場合などにはファクタリングでの資金調達が向いていると言えます。

大手企業ほど信用度が高いので支払いサイトは長く設定されがちですよね。

彦根市の企業さまに仕事を発注してくれるのはありがたいことですが、受注側としては仕事はあるけれど資金繰りが厳しい・・・といったことで、ヘタすれば黒字倒産してしまうリスクも上がります。

流動的な資金を調達する手段は複数確保しておくに越したことはありません。

ファクタリングのメリットとして、早期資金化の他にリスクヘッジの面も挙げられます。

彦根市の利用者企業さまが、ファクタリング会社と契約をして売掛金を前払いしてもらったあとに、取引先企業が不渡りを起こし売掛金回収ができなくなったとしても、

彦根市の利用者企業さまは返金の義務など発生しません。

売掛金の回収にかかる手間・コストの削減だけでなく、売掛金回収リスクもファクタリング会社に移転できる保険的側面も持つのです。


ファクタリングは、彦根市の企業さまが保有する売掛金をファクタリング会社が買取ることで資金調達ができると説明してきました。

言い換えれば、売掛金がないとファクタリングは利用できないということです。

飲食店のような現金商売では売掛金は発生しません。

「飲食店などはファクタリングでの資金調達は出来ないのか・・・・」

ということになりますよね。

そんな彦根市で飲食店などを経営されている方などにもお伝えしたいのが、クレジットカード決済を利用した、

『クレジット債権』でのファクタリング です。

彦根市の飲食店さまでの顧客が利用したクレジット決済で、数週間・数カ月先にクレジット会社から入金される決済代金を、ファクタリングで早期資金化できます。

クレジットカード債権ファクタリングも、2社間ファクタリングが可能です。

彦根市の飲食店さまなどが、ファクタリング会社と契約を締結し、クレジット決済代金を早期資金化します。

そして、クレジット会社から期日通りに決済代金が入金されたら、それをファクタリング会社に支払うという流れです。

クレジット・診療報酬 債権 2社間ファクタリング

近畿・関西地方の会社さまからも多数のお問い合わせを頂いております。

資金繰りでお困りの彦根市の企業さまがいらっしゃいましたら、ぜひ株式会社ジャパンファクターへご相談下さい。

ファクタリングは売掛金の買取になるので、【償還請求権なし】でご契約させて頂いています。

【償還請求権なし】とは、万が一に売掛先である取引先企業が倒産したり不渡りを起こし、売掛金の回収が期日通りにできなかったとしても、利用者企業さまはジャパンファクターが前払いした売掛金を返金する必要はありませんよということです。

つまり、利用者企業さまは売掛金回収リスクもファクタリング会社に移転できることも、資金調達方法の1つとして選ばれている理由の1つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする