利用者の声(大阪府茨木市)

手形割引の枠を残しておくためファクタリングを利用

 

うちは手形での支払いが多いです。そのため元請建設企業が倒産してしまうと不渡りになる可能性も高いく、常にリスクと隣り合わせで経営をしていかなければなりません。手形割引で早期資金化することもできますが、割引枠いっぱいまで利用してしまった企業はあとがなくなってしまいます・・・。

それに比べてファクタリングは買取ってもらうことでの資金調達になるので、仮に元請建設企業が倒産してしまったとしても自社に返金の義務が付加しないですからね。
割引料や取り立て手数料と比較すると、ファクタリング手数料の方が割高にはなりますが、リスクヘッジの面を評価すればどちらが良いのかは意見が分かれるところかもしれません。
自社の場合は、本来の入金日までの時間の短縮とリスクの移転という点においてファクタリング手数料を支払おうということ納得しました。

建設業は急に受注が増えたり、外注費が先払いのことが多いので、早急な資金調達の方法を確保しておくことが、自社の経営を守ることににつながっていると確信しています。

匿名

 

( 大阪府茨木市 / 建設業 / 経営者 )

 

大阪府の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。

2社間ファクタリングでは取引先企業へ通知なしで利用できます。
「業績が悪化しているのか?」「資金繰りがうまくいっていないのでは?」と信用情報に影響が及ぶのを避けることができるので2社間ファクタリングを選択する中小企業さまが多いです。

取引先が上場企業や大手であるほど、売掛金の支払いサイトは長い傾向にあります。

その支払いサイトが長い売掛金を早期資金化することで、予定外の受注や出費に対応できたり、キャッシュフローの改善へと繋がります。

 

今、中小企業を中心に注目を集めているスピード資金調達方法【ファクタリング】をぜひご検討下さい。

 

   

当サイトで紹介しているジャパンファクターではお忙しい会社さまのため、ジャパンファクターを選んでいただくために、遠方の会社さまにつきましては出張対応や郵送対応も行っています。 

大阪府の会社さまとのお取引は多数ありますので、安心してお問い合わせ下さい。 

 2社間ファクタリン専門会社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする