2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングの流れをわかりやすく動画で!

2社間取引ファクタリング

売掛金を保有する企業とファクタリング会社の2社間で取引が行われ、取引先の合意・通知は不要のため知られることなく資金調達が可能になります。

2社間取引・図・カラフルver

一般的な流れ

①商品の納品やサービス提供が完了し、売掛金が発生する。

②債権者とファクタリング会社の契約完了後、売掛金の買取により早期売掛金の入金。
 このときファクタリング手数料が引かれた額が入金される。

③取引先(債務者)より期日通りに債権者へ売掛金が入金される。

④受け取った売掛金をファクタリング会社に支払う。

取引先に資金繰りが悪化したなどと知られたくない場合等におすすめの方法です。また取引先が倒産して債権回収が不能になった場合でも償還義務なしで返金請求されません。
ただ3社間ファクタリングに比べリスクが高いので、ファクタリング手数料が割高である傾向があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする