泉南市の企業さまの資金調達にファクタリングでサポートを

ファクタリング資金調達の導入:泉南市の企業さまの場合

ファクタリングとは

ファクタリングは泉南市の企業さまが保有する売掛金を、ファクタリング会社が買取ることで早期資金化できる融資以外の金融サービスです。

簡潔に説明すると、ファクタリング会社が泉南市の企業さまの売掛金を前払いするような形になります。手形割引にも似た短期の資金調達方法になります。

近畿地方ファクタリング4

ここでの泉南市の企業さまが保有する売掛金とは、泉南市の企業さまが取引先企業に対して商品の納品やサービスの提供などが完了し、請求済みである未払いのキャッシュのことになります。売掛金の支払いサイトは30~60日という企業さまが多いでしょう。業種によってや取引先企業によっては、90日や半年先というところもあるようです。

泉南市の企業さまの仕事はすでに終わっていても、取引先企業からの入金はずっと先になってしまいます。
この入金の流れは今に始まったことではないものの、資金繰りが悪化しているときや急な支出があったときに「この売掛金が今すぐ入ってくれば…」と思い悩んだ経営者さまや経理担当者さまも少なくないのではないでしょうか。

そんな泉南市の企業さまの売掛金を最短即日、長くても3日ほどで即資金化できるのがファクタリングです。

ファクタリングの特徴

泉南市の企業さまが融資以外の方法で資金調達を検討しているならば、ファクタリングはおすすめの金融サービスです。

融資を受ける際には必要な、保証・担保などは必要になりません。それは融資ではなく、泉南市の企業さまの売掛債権の買取だからです。

担保などが必要ない代わりのリスクが、融資の場合の利息よりも割高なファクタリング手数料として反映されているわけです。

融資の金利よりも割高な理由としては保証・担保が不要なだけではありません。ファクタリングでは基本的に「償還請求権なし」で契約することができます。

償還請求権なしであれば、泉南市の企業さまの取引先企業が売掛金の支払いをなんらかの事情でできなかった場合でも、ファクタリング会社が前払いしたその資金は返金する義務はありません。

対象の売掛金の不渡りリスクもファクタリング会社に譲渡することになります。

近畿地方ファクタリング3

ファクタリングを導入する前に

ファクタリングにはいくつかの種類があります。

まずは【3社間ファクタリング】と【2社間ファクタリング】について説明します。

3社間ファクタリングの3社とは泉南市の企業さま・取引先企業・ファクタリング会社のことです。

2社とは泉南市の企業さま・ファクタリング会社のことです。取引先企業には通知せずに売掛金の譲渡ができるようになっています。

3社間ファクタリングの流れの例

〇債権者-泉南市の企業さま
〇債務者-取引先企業

3社間ファクタリング

2社間ファクタリングの流れの例

〇債権者-泉南市の企業さま

2社間ファクタリング

3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの大きな違いとしては、

●取引先へ通知するかどうか

2社間ファクタリングの場合、取引先企業への通知も承諾も必要ありません。泉南市の企業さまが2社間ファクタリングを選択し場合、ファクタリング会社が勝手に取引先企業に連絡するようなことはありません。

ポイントは取引先企業からファクタリングへの理解が得られるかどうかです。
ファクタリングという資金調達方法はまだ一般的に流通し、認知された金融サービスとは言えません。泉南市の企業さまと取引先企業との間にファクタリング会社が入ることに関して嫌な顔をすることも考えられます。
また融資ではなく、ファクタリングを利用しようとすることから「経営が上手くいっていないのか」「資金繰りが悪化しているのか」と懸念される不安もあります。

以上のことから3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングを選択する企業さまが多くなっています。

●ファクタリング会社への入金が取引先企業からか泉南市の企業さまからか

2社間ファクタリングの場合、取引先企業とファクタリング会社はコンタクトをとることがないため、入金は1度取引先企業から通常通り泉南市の企業さまのところへ支払われます。そして泉南市の企業さまがファクタリング会社に手数料を足した金額を支払う流れとなります。

ポイントは1度泉南市の企業さまのところに入金される、という点です。これはファクタリング会社からするとリスクとして換算されることが多いです。

●ファクタリング実行までにかかる時間

2社間ファクタリングの場合、前述の通り取引先企業の承認なしでもファクタリングを実行することができます。
泉南市の企業さまが契約内容に納得し、契約に必要な準備が整えば良いため、最短即日でファクタリングはできるわけです。

3社間ファクタリングでは泉南市の企業さまが取引先企業にファクタリングの導入を説明したり、契約に伴う準備・期間が必要となってしまいます。

泉南市の企業さまがより早く資金調達をしたい場合は2社間ファクタリングを選択した方が良いかもしれません。

近畿地方ファクタリング2

そして対象となる売掛金についてもいくつかの種類があります。ファクタリング会社によっては買取ることができる債権の種類を限定している場合もあります。


売掛債権(商品等売買代金債権):
泉南市の企業さまの業種が卸・製造・生産関連の場合など

泉南市の企業さまの商品や生産物などを取引先企業に納品して、その代金などの売掛金を保有している

工事請負債権:泉南市の企業さまの業種が建設業関連の場合など
泉南市の企業さまが元請企業などから請け負った解体や取付、設置などの建設・工事の業務を完了して、その業務に対する代金などの売掛金を保有している

運送代金債権:泉南市の企業さまの業種が運送関連の場合など
泉南市の企業さまが取引先企業から請け負った運搬業務などが完了して、その業務に対する代金などの売掛金を保有している

診療報酬債権:泉南市の企業さまの業種が医院・介護・調剤薬局・整骨院関連の場合など
泉南市の企業さまが国保や社保などにレセプト請求をしている

クレジット債権:泉南市の企業さまの業種が飲食や販売関連の場合など
泉南市の企業さまが顧客が利用したクレジットカード決済額を多く保有している


など業種によって売掛債権の種類は異なるものの、それを売掛金してファクタリングで即資金化することが可能となります。

割愛していますが、ファクタリングができる債権の種類は他にもいくつかあります。

それでは、泉南市の企業さまが保有する売掛金はどういった種類の債権になりますでしょうか?

泉南市の企業さまがファクタリングの導入を検討しているなら

泉南市の企業さまが「ファクタリングについてもっと詳しく知りたい」「具体的な費用が知りたい」と少しでも関心を持って下さったなら、ぜひファクタリング会社にお問い合わせ下さい。

握手

ジャパンファクターへのご相談・お見積りは無料です。

ご相談申込み後、簡単なヒヤリングをさせて頂きます。
頂いた情報を基に、おおよその契約内容のご提案、審査、ご契約、入金といった流れになります。ご提案した契約内容にご納得頂けなければ、その場でお断り頂いても構いません。
費用を請求するようなことは一切ありません。

当サイトのファクタリング情報では分かりにくかったという泉南市の企業さまも、

ぜひ全国対応ファクタリング会社のジャパンファクターへお尋ね下さい。