売掛債権証券化とは

売掛債権証券化とは

売掛債権から生み出されるキャッシュフロー (現金資金の流れ)、すなわち決済期日に入金される代金を裏付けとして証券を発行して資金を調達することです。

メリットとして挙げられているのは資産のオフバランス化を図れること、保有する売掛債権のリスクを移転できること(証券化の方法によっては限定的になる)、デメリットとしては証券化の仕組みが複雑で手続きがやや難しいこととされています。

売掛債権証券化

債権者はSPVに対して売掛債権を譲渡し、その対価として資金を受け取ります。SPVは売掛債権の信用力をもとに証券を投資家に販売します。SPVが介在することで売掛債権を保有するリスクを投資家に移転でき、投資家にとっても証券の支払いを企業の倒産リスクから隔離することが出来ます。

SPV・・・特別目的事業体全般の略称で、「導管」や「器」などと呼ばれる。会社(SPC)、信託銀行、組合などの形態を持ちます。

売掛債権としてではなく証券という金融商品として販売することで、売掛債権のリスクを細分化してコントロールが可能になります。売掛債権という1つの資産から、異なったリスクを持つ複数の証券が発行できるので、投資家の需要に合わせた商品の販売が可能となるのです。

【売掛債権の細分化の例】

売掛債権証券化 リスク 細分化

投資家にとっても、ハイリスク・ハイリターンを望む投資家(証券C向き)やその逆にローリスク・ローリターンを希望する投資家(証券B向き)など様々なので、投資対象となる商品を選択する機会が増えるメリットがあります。

売掛債権証券化を実施するためには、まず売掛債権に債権譲渡禁止特約があるかないかを確認しなければなりません。この特約があると債権の譲渡は出来ませんので、債務者に解除を依頼しなければなりません。

そして対抗要件を具備する必要があります。対抗要件としては「債務者対抗要件」と「第3者対抗要件」があります。債務者に債権譲渡の承諾を得る、通知する、法務局に備えられた債権譲渡ファイルに登記するかで対抗要件を具備することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする