利用者の声(京都府京都市)

建設業で給与支払いのための資金調達

給与支払い 建設業 つなぎ資金

建設会社の経営者です。

従業員は日雇いも含めて9名で、給料は20日締めの翌月25日払いで支給しています。

取引先からの入金が予定の期日より遅れることになり、給料を支給するための資金が不足してしまいました。しかも取引先も予期せぬことだったようで、支給日まで時間がありませんでした。従業員に「給料を2週間ほど待って欲しい」とお願いすることも考えましたが・・・。

このご時世、このような場面はこれから何度だって考えられる・・・

そのたびに従業員に頭を下げ、不安がらせることは避けたくてファクタリングでの資金調達を決意しました。

必要額から手元にある資金を差し引いて、不足分は約130万。

借入れせずに済ませたかったし、手数料は取られましたがつなぎ資金が出来て良かったです。

現金化までが早くてびっくりしました。

匿名

 

 

( 京都府京都市 / 建設業 / 60代 )

京都府京都市の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば
・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない
のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

ファクタリングなら取引先に知られることなく早期現金化が出来るところも大きなメリットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする