利用者の声(奈良県奈良市)

診療報酬債権ファクタリングを利用

診療報酬債権ファクタリング 継続的な取引

奈良県で歯科医院を経営しています。

今回諸事情により、早急に資金調達が必要となり診療報酬債権を活用したファクタリング取引を行うことにしました。

他の建設業や運送業などの企業と比較して、医療機関は審査支払機関(国保や社保)からの入金であるため入金サイトにずれが出たりすることがありません。50日~80日は短くもなく長くもなく・・・といった感じだと思います。長いところは半年先つまり180日先くらいだったりするそうなので。

当医院の場合、新たに医院を増やすことになり、融資での開院資金の他にすでに運営している医院の運転資金も手厚くしておきたかったので、融資以外の資金調達を検討していました。そこでたどり着いたのが診療報酬債権を活用したファクタリングでした。

税理士とファクタリング会社の方と相談を重ねて、
今後しばらくは継続的な取引をしていくことにしました。

新規医院が落ち着くまでは上手く活用したいです。

匿名

 

 

( 奈良県奈良市 / 歯科医院 / 40代 )

奈良県奈良市の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば

・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない
のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

ファクタリングなら取引先に知られることなく早期現金化が出来るところも大きなメリットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする