三重県の企業さまへ

三重県でファクタリングを検討中の企業さま

三重県と言えば、伊勢神宮を参拝して、松阪牛に舌鼓を打つ・・・が定番でしょうか。
伊勢神宮はまずその広さに驚きますよね。お参りの仕方も異なったりするので、訪れる前に参拝コースを決め、お参りの仕方の情報も集めておくと良いとテレビなどでも多数取り上げられていました。

近年ではパワースポットとしての人気も高いようです。

日本文化に直接触れられる個性がたった地域には外国人観光客が押し寄せ、インバウンド消費が目に見えて増えてきています。
インバウンド消費を支える施設も充実してきている関西ではビジネスチャンスがこれからも多く生まれてきます。

そんなとき運転資金や資材費が不足してしまうことのないように資金調達方法を見直していきましょう。

三重県の企業さまへ

銀行融資が断られて資金繰りにお困りではありませんか?

急な現金資金、つなぎ資金が必要になり頭を抱えてはいませんか?

設備投資や控えた支払いのために資金を手厚くしておきたいとお考えではありませんか?

ファクタリングなら三重県の企業さまが銀行融資の審査に通らなかったような状況下でも、売掛債権の質によって審査をクリアし資金化が可能になります。

三重県のファクタリング成功事例

地域

三重県亀山市
業種 製造業R社
売掛金額 1100万
買取金額 1075万

三重県亀山市で製造業を経営しています。
自社では近年、海外からの仕入れの割合が高くなっています。もちろん製品によりますが、主にアジアからの仕入れは日本の素材に比べてやはり割安なので、消費者の方にも安価でできます。消費者を年齢層にわけて獲得しようとしたときに若い世代の方に向けた商品の場合は特にこの海外からの仕入れ素材に頼っている現状です。

ですが海外からの仕入れ、為替の影響を受けたりするのが常です。最近は円安の状態が続いているので、製造・販売までしても元がとれずに赤字決算を出してしまうこともありました。
こんな状況の中、新しい商品の開発に取り掛かろうにも資金がまわらないのです。
銀行融資も赤字決算の影響で審査に通りませんでした。ビジネスローンでの資金繰りも行いましたが金利は高く、すぐに返済について頭を回さなけれならず解決策になったとは言い難いものでした。

次にとった資金繰りの方法がファクタリングでした。私は、売掛金を担保に融資を獲得する売掛債権担保融資もあったのですが、譲渡して早期資金化できる2社間ファクタリングを選択しました。取引先からの入金サイトのずれにより資金ショートしそうになったりすることもあったので、このファクタリングをうまく活用できれば今後そのような場面でも対応できると考えたのです。
思っていた通り、契約を締結してからファクタリング会社から翌日に入金されていて、本当に早くて驚いたくらいでした!急なつなぎ資金が必要になったときにの頼りになる一手だと確信しました。
自社は初めてファクタリングを利用したので知らなかったのですが、このようにつなぎ資金や先払い資金が足りないときは中小企業を中心に活用しているところが増えているそうですね。

入金サイトの長い取引先を多く抱えている企業にとっては、キャッシュフロー改善に一役かってくれそうです!

匿名

 

 

( 三重県亀山市 / 製造業 / 50代 )

三重県の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば

・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない

のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

ファクタリングなら取引先に知られることなく早期現金化が出来るところも大きなメリットです。

三重県の対象地域はこちら

三重県内全域どちらでも対象となりますので安心してご利用頂けます。

三重 ファクタリング会社 資金

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする