利用者の声(兵庫県姫路市)

診療報酬債権ファクタリングを繰り返し利用

繰り返し利用 診療報酬債権ファクタリング

医者だってつらいですよ・・・。

医者は儲かる、女の子にモテる、・・・・・こんなイメージ、誰がつけたんですかね?
いたとしても、それは本当にごく一部の人ですし、多くの外科医は大変なんですから。

私も開業医として地域のために頑張っているんですけど、逆にお年寄りは大手病院に行くんで経営もアップアップなんです。
あと、みなさんは保険証を持ってますよね?だから、医療費が安く済みます。

みなさんの医療費分は国から支払われるわけですが、保険診療分の診療報酬ってのは国民健康保険連合会とか、社会保険診療報酬支払基金とか、小難しいところから早くても2ヶ月後に支払いされます。逆にいうと、2ヶ月間は売り上げがないんです。医療器具はとても高価なものですので、患者さんのために導入すると資金繰りショートの可能性も大きいんです。私も、結構つらいです。

ちっとも儲けていませんよ。診療報酬のファクタリングをよく使わせてもらっています。診療報酬用のファクタリング会社もありまして、2ヶ月先に診療報酬分が手に入れられるんで助かっています。みなさんも、医者だから金持ちというイメージは捨ててくださいね。

頭に入れておきたいのは、辞めるタイミングですかね。
資金が極端に少ない月が出てくるわけですから、調節して計画的に行う必要があると思います。
私はちゃんとファクタリングを始める前に辞めるタイミングまで計画して、税理士などに相談して進めましたよ!

匿名

 

 

( 兵庫県姫路市 / 医療関係 / 40代 )

兵庫県姫路市の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば

・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない
のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

ファクタリングなら取引先に知られることなく早期現金化が出来るところも大きなメリットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする