利用者の声(滋賀県大津市)

契約締結から入金までが本当にはやい!

東京オリンピック 運転資金 建設業

私は、滋賀県大津市で建設業をしています。
関西在住ですが、東京オリンピック開催が決まってから、エンブレムや国立競技場の問題が取だたされ心配もしましたがやはり本国開催は楽しみです。なんでも開催都市の組織委員会からIOCに追加種目を提案できるらしいんですよ。ぜひ野球を!と期待しているところです。実際に野球も提案されているらしいです。

話が逸れましたが、何が言いたいかと言いますと、東京オリンピックの開催も決まってからは関東以外でも都心部を中心に開発が進んでいる印象を受けます。おかげで私どもにも仕事の依頼が増えました。
ありがたいことではありますが、仕事の単価が安く採算が合わないことも多々あります。そのような時は外注に紹介したり最悪断ってしまうこともあります。

今回、元請建設企業からの追加受注が入りました。
内容的には仕事の単価も良く、次の仕事につながる期待があったのでぜひ受けたいところでした。しかしもともとの受注分の先払いの建材費や外注費などが重なり、運転資金が足りない状況でした。この追加受注を受けるためにファクタリングで現金資金を確保することにしたのです。

建設業は資金繰りが結構大変なんですよ。支払いサイトも長いところが多いですし、風評被害も多くて、下手な資金繰りができません。
ファクタリングは取引先にも知られずに売掛金を買い取ってもらえると聞いたので、その取引で契約をお願いしました。
契約締結後その日のうちに入金が確認できて驚きましたね。
私のところは今回が初めてのファクタリングでしたけど、あとで同業者に聞いたら結構繰り返し利用して定期的に現金資金を確保していると聞きました。
手数料がかかるから全く損しないわけではないし、自社は様子を見ながらうまく活用していきたいです。でも本当に入金までが早いし、困ったときにはまた助けてほしいと思いました!

匿名

 

 

( 滋賀県大津市 / 建設業 / 60代 )

滋賀県大津市の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば

・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない
のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

ファクタリングなら取引先に知られることなく早期現金化が出来るところも大きなメリットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする