製造業ファクタリング事例

ファクタリングでの資金調達【製造業】

ファクタリングは、製造業の会社さまが保有する売掛金を活用して早期資金化できるサービスです。

売掛金をファクタリング会社に完全に買取ってもらうことで、数カ月先にしか資金になりえなかった売掛金が最短即日で現金化が可能になります。

売掛金が発生し、取引先企業からの支払いサイトが長いことで資金繰りに苦労している製造業の会社さまの資金調達方法の1つとして利用する経営者さまが増えています。

企業の事業資金・運転資金として、銀行融資が受けられるまでのつなぎ資金として活用する製造業の会社さまが多くいらっしゃいます。

製造業Y社ファクタリング事例①

【 買取金額 420万 / 製造業Y社 】

三重県津市で製造業をしています。
この度、メインバンクからの借り入れを申請したくて税理士に相談したところ、「現在未納になってしまっている消費税を納めてから、融資の申請をした方が良いと思いますよ」と言われました。現金資金が足りないのもあって借入れを申請したいのに、税金の未納という状況が銀行からの信用調査に引っかかってしまうという悪循環です・・・。

まずは銀行以外のところで資金を調達しなければならなかったわけです。
税理士と相談して、ファクタリングでの資金繰りを検討することにしました。ファクタリングなら借入れではなく売掛金の売買契約になるので、譲渡してしまえば返金の必要も、返済の必要もないからです。幸い自社には安定的に発生する売掛金があります。

気がかりだったのは、自社は消費税未納という状況のためファクタリング会社の審査にも落ちる可能性があることでした。
しかし、自社というより売掛先企業が創業40年歴史をもつしっかりした基盤のある会社だったこともあって、審査も通り契約締結となりました。保証人も担保も必要なく、2社間ファクタリングを選択したので取引先企業に金策していることが知られずに済ませることもできて良かったです。

およそ450万の売掛金を活用して、およそ420万の資金化に成功しました。
ファクタリング会社や取引内容、売掛金の質によっても掛け目やかかるファクタリング手数料も異なってくようなので、ご参考までに。あと、譲渡する売掛金の本来の入金日までの期間も関係してきますよ!
自社は90日後に入金予定だった売掛金が現金資金に代わり、これで納税の問題も解決できそうです。
もともとは、新規事業を展開していきたい目的もあっての銀行融資を獲得するためのファクタリングでしたが、どちらもうまく活用して経営を安定させていきたいと思いましたね!

匿名

製造業Q社ファクタリング事例②

【 買取金額 590万 / 製造業Q社 】

兵庫県神戸市で製造業を経営しています。
知人からの紹介で、大手企業からスポットでの仕事の依頼が飛び込んできました。
こちらとしては今後の取引にも発展するかもしれない大きなチャンスで、正直なところ「ラッキー!」とガッツポーズものでした。

ところがふたをあけてみると、卸しに対しての仕入れの資金が全く足りないことに気付いたのです。
仕入れができないと何にも始まりません・・・。
「断るしかないか・・・。」と思いましたが、友人が回して」くれたせっかくのチャンスだし、
このチャンスを逃して、他の企業にこの仕事を取られるのは惜しくて資金を確保しこの取引を成立させようと決意しました。

そこで税理士と相談して、早急に資金調達ができるファクタリングで資金を確保することにしたのです。
最短で即日といううたい文句は本当で、複数の売掛金を対象にしていたので、まずは即日に200万円、翌日に残りの390万円と何回かに分けて入金してもらえました。

仕入れも無事にできたので、大手企業からのスポット発注にも応えることが出来ました。
すぐには今後も取引を・・・とうまいことはいきませんでしたが、良いアピールが出来たので収穫はあったかと思います。

匿名

 

 

 

 

製造業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。

ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば

 

・取引先の支払いサイトが長い

・常に現金資金がぎりぎり

・税金滞納中

・赤字決算

・銀行融資を断られた

・担保、保証人がない

 

のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

ファクタリングなら取引先に知られることなく早期現金化が出来るところも大きなメリットです。

 

 

株式会社ジャパンファクターでは、大阪府を中心に関西・近畿地方の製造業の企業さまにも多数のお問い合せ、ご相談頂いております。

実際にご成約させて頂いた企業さまからも感謝のお言葉を頂き、引き続き製造業の経営者さまの資金繰りのお手伝いができたらと思います。

株式会社ジャパンファクター公式サイトからご相談受け付けております。
ぜひご利用下さい。

 

▼株式会社ジャパンファクター公式サイト▼2社間ファクタリン専門会社

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする