ファクタリングが注目されているわけ

 

ファクタリングが注目されています!

ファクタリングは欧米ではずっと以前から用いられてきた資金調達方法の1つです。

日本では、手形取引が主流だったことと、売掛債権の譲渡ということに対し、まだ企業の理解が得られないことも多いため広くは反映されなかったのではと言われています。

ファクタリングは「融資じゃない」「借入れ金じゃない」「担保じゃない」

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらうので、その後返済や利息など発生しません。
担保でもないので、保証人なども必要ありません。

将来、取引先から入金予定の売掛金をファクタリング会社に前払いしてもらい、期日通りに取引先から入金された売掛金をファクタリング会社に支払って取引は完了です。返済などはありません。

書類を虫めがねで見るスーツを着た男性

ここで心配の声がよく聞かれるのが、

もし取引先が倒産などしてしまい売掛金の支払いがなかった場合、ファクタリング会社に前払いしてもらった売掛金は返済しないといけないのか・・・?

という点です。

ここでは、【償還請求権なし】となっていれば、返済の必要はなく、ファクタリング会社が負担してくれます。
契約の際には、この償還請求権についてファクタリング会社にきちんと説明してもらってください。

当サイトで紹介しているファクタリング会社は【償還請求権なし】で2社間ファクタリングが利用できます◎

ファクタリング 個人事業主でも大丈夫

銀行に頼らない資金調達方法として注目を集めています!

返済のリスクを避けて資金を調達できる方法として中小企業を中心に注目されています。

ファクタリングをうまく活用することで、企業の現金資金の流れ(キャッシュフロー)が改善し、資金不足で追加受注やビジネスチャンスを逃すことがなくなることが期待できます。
経営が安定していれば、いざというときに銀行融資が受けられやすくなります。

銀行に頼らないと表現してきましたが、ファクタリングは売掛金以上額の資金化はできないのため事業拡大で多額の資金が必要となるときにはやはり銀行融資を活用することになるでしょう。
銀行融資やビジネスローンに頼ることなく、経営が安定していれば、銀行から見ると健全な企業として信頼してくれます。結果的に融資を受けやすくなるという期待ができるのです。

銀行融資とファクタリング、相互を企業の状況に応じてうまく活用していくことが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする