利用者の声(京都府京都市)

売掛金をうまく活用するべき!

 

京都で製造業の経理をしています。

一時期はうちの会社も調子がとにかく良かったんですが、どうしても人件費・生産費コストがかかってきてしまい、とうとう人件費まで削減しなければならない状況まで追い込まれていたんです。

売掛金があって大手との取引だったのですが、何せ大手の言いなりの我々企業。売掛金の回収だって簡単にはできません。
人件費を削る・・・。
リストラをする・・・。
テレビでよくある話ですが、やはり簡単に決断できることではありません。

そんな時、業種は異なりますが同じく中小企業の経理を任されている友人にポロっとそのような話をしたところ、「うちも、資金ショートしてしまいそうなときなどの至急を要する資金調達のときは、売掛金を活用してなんとか切り抜いたよ」とアドバイスしてくれたのです。

この一言で、売掛金を活用して早期資金繰りをする方法を知りました。それがファクタリングだったんですね。
ネットで調べてだいたいの仕組みを把握し、それでも解決できなかった疑問点は直接ファクタリング会社に問い合わせました。

おかげさまで、自分でも思った以上の良いファクタリング会社と契約ができたんです。
少し手数料は高かったんですが、できないよりはマシでした。

会社を黒字倒産させてしまう企業もあるとは知っていましたが、あやうく自社もそうなるところでした。

匿名

 

 

( 京都府京都市 / 製造業 / 40代 )

京都府京都市の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視しますので、売掛金さえあれば
・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない
のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

ファクタリングなら取引先に知られることなく早期現金化が出来るところも大きなメリットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする