2社間ファクタリング専門会社なら

ファクタリング会社をお探しの企業さま

ファクタリングは売掛金を活用して、早期資金化が可能になる金融サービスです。
ファクタリング取引にもいくつかの種類があり、企業の状況に合わせて選択できます。

その中でも、1番問い合わせが多いのが2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングは、利用者企業とファクタリング会社の2社間のみでのやりとりによって成立するファクタリング取引で、売掛先である取引先企業に知られることなく売掛金を売買できます。

その2社間ファクタリングの流れとしては、

売掛金を保有する利用者企業とファクタリング会社が契約を締結し、ファクタリング会社が手数料を差し引いた売掛金を前払いしてくれます。
その後、売掛先である取引先企業から期日通りに売掛金の入金が利用者企業にあれば、それをファクタリング会社に支払うことで取引は完了となります。

取引先企業には通知がいったり、債権譲渡に関しての承諾を得る必要もありません。
つまり、取引先企業からの信用情報に影響を与えることなく、早期資金化できるのが2社間ファクタリングが選ばれる理由の1つです。

2社間ファクタリン専門会社

まずは、ファクタリング会社の担当者から連絡させて頂きます。
公式サイトから24時間問い合わせ受付中ですので、お気軽にご相談下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする